イメージ

NEXCO西日本(西日本高速道路)は、年末年始期間の交通集中について、ピーク時30km以上の渋滞は、下り線が1月2日(日)、上り線が1月2日(日)と3日(月)に集中すると予測している。

ピーク時20km以上の渋滞は、中国道、九州道、阪和道を先頭に合計7回発生すると予測。これらのほか、阪神高速3号神戸線を先頭としたピーク時20km以上の渋滞が合計3回発生すると予測している。

中国地方では、ピーク時10km以上の渋滞は、上りで2日(日)から4日(火)に山陽道上り線で合計6回発生すると予測する。

四国では上下ともに2日(日)〜3日(月)に渋滞のピークが予測される。最大渋滞長が最も長いと予測されるのは、3日(月)における高松道上り線の大阪トンネル付近を先頭とした約15kmの渋滞だ。なお、四国の無料化社会実験実施区間においては例年以上の混雑が想定される(松山道松山IC〜大洲IC、大洲北只IC〜西予宇和IC、高知道高知IC〜須崎東IC)。

九州支社管内の渋滞のピークは、下り線が2日(日)の正午頃に九州道鳥栖JCT付近を先頭に最大約10km、上りでは2日(日)と3日(月)の夕方〜夜頃に九州道広川IC付近を先頭に最大約30kmの渋滞が発生すると予測している。

20km以上の渋滞予想
●高速道・渋滞発生地点、ピーク時、渋滞長・通過時間(増加時間)
1月2日(日)
●阪和道上り・長峰TN付近 12時 25km・約2時間10分(約1時間45分増)
●中国道下り・宝塚東TN付近 13時 30km・約2時間30分(約2時間5分増)
●中国道下り・宝塚東TN付近 13時 25km・約2時間10分(約1時間50分増)
●中国道上り・宝塚西TN付近 14時 25km・約1時間40分(約1時間20分増)
●九州道上り・広川IC付近 20時 30km・約1時間30分(約1時間10分増)
1月3日(月)
●中国道上り・宝塚西TN付近 14時 25km・約1時間40分(約1時間20分増)
●九州道上り・広川IC付近 20時 30km・約1時間30分(約1時間10分増)
※渋滞はピーク時の前後数時間続くので注意。