ソリオ。最上級のS。2WDと4WDがある。カラーはグレースブルーパールメタリック

スズキが12月24日に発表した、コンパクトハイトワゴン新型『ソリオ』。ターゲットとなる年代は幅広い層としているが、実際のところは、CMイメージキャラクターとして男性5人組のアイドルグループKAT-TUNを採用しているなど、若者が中心のようだ。KAT-TUNであることを考えれば、若い女性を強く意識していることもうかがえる。

デザイン面で幅広い年齢層をターゲットにするというのは、若者と熟年、さらには男女でもかなり異なるわけで、そこら辺をどう対応したかを確認してみると、内装に関しては質感を重視したという。デザインは絶対に年代や性別によって(もちろん個人の趣向もある)異なるが、触り心地のよさというのは、年代や性別に関係ないということで、その点を重視したとしている。

また、エクステリアに関しては、さすがに全年代に対応というわけにはいかないため、グレードでデザインを分けることで対応。3グレードの内の上ふたつ、「X」と「S」は、フロントにアンダースポイラーを採用し、スポーティさや硬派な印象を持たせている。一方で、一番下の「G」は丸みのあるデザインになっており、女性向けという感じだ。

さらにエクステリアのデザイン面での工夫としては、コンパクトでいながら背の高さを有するボディのため、安定感の出るデザインを随所に採り入れている。例えば、フロントバンパーの造形とキャラクターライン、リヤコンビランプとバックドアガーニッシュを採用するなどして、安定感や幅広感を出している。

ソリオ。グレードは真ん中のX。Xにも2WDと4WDが用意されている。カラーはクラッシーレッドパール ソリオ。パールホワイトのグレードS ソリオ。一番下のグレードのG。フロントマスクがSやXと比べて丸い。カラーはブルーイッシュブラックパール ソリオ。SやXのフロントはバンパーでワイド感を出し、ヘッドランプやスケルトングリルで質感の高さを出している ソリオ。ボンネット内。吸気および排気側の両方に可変バルブタイミング機構を採用した1.2リットルエンジンを搭載 ソリオ。質感にこだわったというインテリア。インパネのデザインは、T字型と楕円フォルムを組み合わせている ソリオ。使い勝手も工夫しており、ナビシート前のアッパーボックスには保冷機能もついている