A8新型

4代目に進化したアウディ『A8』の商品企画で、主要なポイントは3つあるという。

「ひとつは、素晴らしいダイナミックなデザイン。2つめはドライビングエクスペリエンス。3番目は、このハイエンドのクルマが絶対に持っていなければならないコンフォート」と話すのは同社代表取締役社長の大喜多寛氏。

ダイナミックなデザインについて、「アウディがずっと踏襲し続けている比率があります。サイドのドア面の高さとウインドウ部の高さが2:1になることです。こうした“黄金率”を使って、ダイナミックなデザインが実現したのです」という。

営業本部商品企画部長の野田一夫さんもこのサイドのデザインを、A8の特徴のひとつとして挙げており、「競合車の場合、ボンネットの位置が高く、屋根の位置も高く、荷物を積むためにトランクのラインも高いというのがよく見受けられますが、A8はガラスエリアの位置が相対的にかなり低くなっているので、滑らかな、あたかも風を切り裂くようなデザインとなっているのです」という。

そして、そのサイドの凝った曲面やフェンダーアーチを実現するために工場のプレスラインには職人がいるのだという。「プレスの形を手直ししたり、作る職人がいて、型が丸くなってくると手直しなどをして、このボディスタイルを実現させているのです」と、A8の商品コンセプト、“The Art of Progress〜革新の美学〜”を具現化するためのこだわりを語った。

A8新型 A8新型 A8新型 A8新型 A8新型発表会