新型車に搭載されるV12エンジンと新開発のトランスミッション

ランボルギーニは『ムルシエラゴ』の後継モデルとして開発中の新型車に、700psを発揮する新開発のV12エンジンと、独自のトランスミッション「ランボルギーニISR」を搭載すると発表した。このトランスミッションは、日常の使い勝手と、スーパースポーツの走りを両立するという。

ムルシエラゴの後継車は『アベンタドール』とされ、V12エンジンを搭載する同社のフラッグシップモデルとなる。このエンジンは最高出力700ps、最大トルク690Nmとスーパースポーツの世界にも強烈なインパクトを与えるパフォーマンスを誇る。

また、完全新設計としており、クランクケースと4バルブシリンダヘッドにアルミニウム・シリコン合金を採用するなどにより、エンジン重量235kgと超軽量かつコンパクトに仕上げた。エンジン重量1kgあたりの出力は約3psに達する。

さらにこのエンジンに組み合わせられるトランスミッション「ランボルギーニISR」は、デュアルクラッチ・トランスミッションと比較しても約50%短いシフトタイムに、マニュアルトランスミッションの軽量さとコンパクトさを兼ね備えるという。VWが採用する「DSG」に似た特徴を持ち、シフティングロッドがギヤを分離する間に、別のシフティングロッドが次のギヤを噛み合わせるというもの。ISR単体でわずか79kgと軽量で、車体のパフォーマンス向上に貢献する。

これら新開発パワートレインを搭載する新型車の詳細は、2011年3月のジュネーブモーターショーで明らかになるとされている。