26日午後9時45分ごろ、東京都大田区内の都道を走行していた乗用車が路外に逸脱。道路左側の歩道に乗り上げ、信号待ちの歩行者4人を次々にはねる事故が起きた。この事故で9歳の男児が死亡。他の3人も重傷を負っている。

警視庁・田園調布署によると、現場は大田区田園調布本町付近で、片側2車線の直線区間。クルマは第2車線を走行していたとみられるが、なんかの原因で挙動を乱して道路左側の路外へ逸脱。スピンしながら歩道に乗り上げ、信号待ちをしていた歩行者を右側面部ではねた。

この事故で散歩中だった栃木県下野市内に在住する9歳の男児が全身強打でまもなく死亡。埼玉県内に在住する5歳の男児が頭部強打で意識不明の重体。2人の男児の祖父母にあたる68歳の男性と67歳の女性も骨折などの重傷。事故を起こしたクルマの後部座席に同乗していた19歳の男性が車外に投げ出され、打撲などの軽傷。助手席に同乗していた20歳の男性も軽傷を負っている。

警察はクルマを運転していた同区内に在住する20歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。男児死亡後は容疑を同致死傷に切り替え、調べを進めている。

現場の手前にはブレーキ痕があり、警察では事故直前まで高速度で走行していた可能性が高いとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。運転者からアルコール分は検出されていないという。