焼結用粉末ガラスの外観

旭硝子は、結晶シリコン系太陽電池用電極向けに鉛フリーの焼結用粉末ガラスの販売を開始する。

RoHS指令に代表される各種環境規制に対応するもので、2015年には市場シェア40%獲得を目指す。

結晶シリコン系太陽電池セルの電極は、アルミや銀などの金属ペーストをシリコン基板上へ塗布後に加熱し、焼結成型する。

その際に金属ペーストへ焼結用粉末ガラスを数%添加することで、金属とシリコンの密着性、電気特性、経時耐久性を高められるほか、焼成後のシリコン基板の反りを抑制できる。そのため、焼結用粉末ガラスは、太陽電池セルの重要な特性を左右するキーマテリアルと位置付けられている。

ただ、これらの効用を持たせるため、焼結用粉末ガラスには、鉛を含有するガラスを使用していた。

同社はガラスの組成設計・粉砕・評価解析技術を使って今回、様々な組成を持つ鉛フリーの焼結用粉末ガラスを開発した。