来年1月20日にフルモデルチェンジする MRワゴン

スズキが来年1月20日に発表する『MRワゴン』のフルモデルチェンジにあわせて、OEM版の日産『モコ』も2月に発表される予定だ。モデル名の「モコ」も継続された。

MRワゴンとモコの変更点は、外観では、ヘッドライトやグリル周辺のデザインが変更されているが、インテリアなどは、ほぼ共通のもの。

スズキによる日産への軽自動車のOEM供給は、2002年に初代MRワゴンから開始され、新型モデルでは3代目となる。09年度の販売実績をみると、MRワゴンが1万5478台、日産のモコが5万6646台と、全体の販売台数7万2124台のうち、およそ8割が日産ブランドで販売されている。

先日、日産は三菱自動車と軽自動車の共同開発を視野に入れた提携を発表しているが、現在のところ、日産への軽自動車供給の割合は、スズキが67%:三菱が33%(09年度実績による)と、スズキと日産は重要なパートナーであることには変わりない。

09年度販売実績では、日産が販売した軽自動車は13万6225台。スズキが供給する車では、『モコ』5万6646台、『ル−クス』2万0984台(09年11月発売)、既に販売が終了しているが『ピノ』1万3789台を含めて合計9万1419台。三菱が供給する、『オッティ』1万8106台、『クリッパーリオ』2279台、『キックス』3040台、商用車の『クリッパーバン』1万2570台、『クリッパートラック』8811台、で合計4万4806台となっている。

来年1月20日にフルモデルチェンジする MRワゴン 来年1月20日にフルモデルチェンジする MRワゴン 来年1月20日にフルモデルチェンジする MRワゴン