ソナタが累計20万台を販売し記録を更新した

ヒュンダイの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカは23日、『ソナタ』の今年の北米における販売台数が、20万台を超える新記録を達成したと発表した。

ソナタはヒュンダイのグローバルセダンで、北米ではトヨタ『カムリ』やホンダ『アコード』(日本名:『インスパイア』)に対抗する中型セダンだ。新型は今年2月、北米市場へ投入され大ヒット。今月23日の時点で、今年の累計販売台数は20万台を突破し、新記録を打ち立てた。前年同期比は65%増と、大幅な伸びだ。

同社のジョン・クラフシック社長兼CEOは、「ソナタの今年の販売は、驚異的な結果。入荷してから平均で16日以内に売れている」と語る。

北米向けのソナタには、ターボエンジン搭載の「2.0T」とハイブリッドを追加したばかり。とくにハイブリッドは、ベース価格2万5795ドル(約214万円)のプライスを武器に、拡販を狙う。ヒュンダイによると、ソナタの購入者の20%以上が、ホンダ、トヨタ、日産からの乗り換えだという。

ソナタハイブリッド(ロサンゼルスモーターショー10) ソナタハイブリッド(ロサンゼルスモーターショー10)