ソリオ新型

スズキの田村実専務は、24日に全面改良を発表した小型乗用車『ソリオ』について、同社の主力軽自動車『ワゴンR』からのステップアップや、セダンやミニバンなどからのダウンサイズの受け皿にしたいとの考えを示した。

田村専務は、新型ソリオを国内営業部門が提案した国内専用車とした上で、「住宅事情を考えた時に必要以上の広さをお客様は求めてないし、(軽より)少し大きければ良いという方たちが大勢いて、そういう方たちを意識した」と商品化の背景を語った。

具体的には「私共で一番多くの保有台数がある、ワゴンRの次にステップアップして頂く方たちに提供できる車を、ということを考えた」と説明。

さらに田村専務は、セダンやミニバンなどの登録車のユーザーが「ダウンサイジングしようとする時に軽にはいけないという人たちもいて、その受け皿になれればと思っていて、そういう車はスズキがやるべき」とも強調した。

ソリオ新型 ソリオ新型 ソリオ新型 ソリオ新型