ステアリングコントローラー、ギルモ『Thrustmaster T500 RS』が公式対応

グランツーリスモドットコムは24日、フォースフィードバック・ステアリングコントローラー2製品、ギルモ『Thrustmaster T500 RS』とロジクール『Driving Force GT』について、『グランツーリスモ5』の公式対応を発表した。

Thrustmaster T500 RSは、パワーと精度を突き詰めたハイエンド向けステアリングコントローラーで、重量はステアリング部4.6kg、ペダル部7.3kgとなる。

メタル製スポークのステアリングホイールは直径30cmと実車並みとし、操舵は16ビットの磁力センサーが6万5536ステップという解像度でセンシング、軸トルク150Nm、出力65wのモーターによりフォースフィードバックをおこない、俊敏で的確なステアリングインフォメーションを生み出すという。

ペダル部は金属パーツで構成され、ペダルレイアウトはフットレストを備えた3ペダル。接地面を換えることで、フォーミュラーマシンのような直立式、ロードカーのような踏み込み式と、ペダルの支持方法も変更できる。ブレーキでは、踏力157Nの重さにより微妙な足裏でのブレーキコントロールを可能とした。

また、既に発売中のDriving Force GTも、グランツーリスモ5に公式対応。操舵角は実車並みの900度(ロック・トウ・ロック2.5回転)で、強力なフォースフィードバックによりステアリングインフォメーションを伝える。

ステアリングのスポーク部にあるリアルアジャストメントダイヤルにより、ブレーキバランスやトラクションコントロールの効き具合を走行中に変更することが可能。ギアシフトは、ステアリング裏のボタンでも、ステアリング横のレバーでも行える。

ギルモ Thrustmaster T500 RSの価格は5万9800円で日本国内の発売予定日は2011年1月25日。ロジクール Driving Force GTの価格は1万7800円。

ステアリングコントローラー、ギルモ『Thrustmaster T500 RS』が公式対応 ステアリングコントローラー、ギルモ『Thrustmaster T500 RS』が公式対応 ロジクール Driving Force GT