ボロレ「ブルーカー」

仏パリ市は12月16日、2011年サービス開始予定のEV(電気自動車)シェアリング「オートリブ」に、グループ・ボロレが生産する車両『ブルーカー』を採用すると発表した。

ボロレは1822年に製紙工場として創業した古い企業で、現在の主力は物流産業だが、自動券売機、プラスティックフィルム、電池など幅広い分野に進出しており、企業規模では世界500位以内に入るほどの成長を遂げている。

EV事業はこのうち電池事業が発展したもので、05年にブルーカーの名前で最初のコンセプトカーを発表。08年にはイタリアの名門カロッツェリア、ピニンファリーナと提携を結び、メカニズムがボロレ、ボディがピニンファリーナ製のコンセプトカーをモーターショーに出展し、注目を集めた。

今年のパリモーターショーに、ボロレは3人乗りと4人乗りの2タイプの車両を出展していた。このうちオートリブに採用されるのは4人乗りタイプで、ラゲッジスペースは350リッター。全長3.65m、全幅1.70m、全高1.61mのボディサイズを持ち、シャシーはスティールとアルミ、ボディはアルミとABS樹脂の併用で、車重は1120kgに収められている。

バッテリーはボロレが得意とするリチウムメタルポリマー電池(LMP)で、容量は30kWh。満充電での航続距離は欧州モードのアーバンサイクルで250km、充電時間は4時間だという。モーターの最高出力は50kWとなっている。

生産は車体がトリノのピニンファリーナ、電池はフランス国内ブルターニュ地方のボロレ社工場で行われる。なおオートリブのサービス開始は、2011年10月を予定している。

2010年パリショーに展示された「ブルーカー」4シーター 2010年パリショーに展示された「ブルーカー」3シーター 2010年パリショー、ボロレ・ブースに置かれた充電スポット 2008年のパリショーに展示された「ブルーカー」コンセプト