中国のタイヤ生産子会社に太陽光発電システムを導入

横浜ゴムは、中国の乗用車用タイヤ生産販売子会社である杭州横浜輪胎が本社の事務棟と守衛所に太陽光発電システムを導入すると発表した。同社の海外グループ会社が太陽光発電システムを導入するのは初めて。

約3000平方mに100W/枚のパネルを729枚設置し、2011年2月から稼働開始する。同社の年間電力量の0.3%にあたる6万7000kWhをクリーンエネルギーでまかなう。CO2削減効果は年間94tを見込んでいる。

横浜ゴムは地球温暖化防止を環境貢献活動の最重要課題のひとつと位置づけ、温室効果ガス排出量を2020年度までに1990年比25%削減目標を掲げている。今回の太陽光発電システムの導入も目標達成のため、自然エネルギーを利用する一環として実施するもの。

国内では小規模ながら平塚製造所、三島工場、新城南工場に導入しており、今後も国内外で拡大していく予定。

中国のタイヤ生産子会社に太陽光発電システムを導入