米国で販売されているモデル

富士重工業(スバル)が24日発表した11月の生産・国内販売・輸出実績によると、世界生産台数は前年同月比3.4%増の5万6267台となった。

国内生産は同7.5%減の4万1170台と2か月連続でマイナスとなった。国内向けが低迷したのに加え、輸出も不振だった。

国内販売は同25.6%減の1万0695台と落ち込んだ。エコカー補助金制度の終了による反動減で2か月連続でマイナスとなった。

輸出は同12.5%減の2万8825台と13か月ぶりにマイナスとなった。中国向けが減少した。

海外生産は同52.4%増の1万5097台と大幅に増加し、13か月連続でプラスとなった。『レガシィ』が依然として好調で11月として過去最高だった。

米国で販売されているモデル