787(資料画像)

ボーイングは、「787」型機のフライトテストを再開したと発表した。

11月9日に機体から出火するトラブルが発生し、飛行テストを中断していた。今回、787型機に、出火原因となった電力分配システムの暫定版アップデートソフトウェアをインストールした。フライトテスト用4号機(ZA004)は、社内規定に基づくテストを実施し、テストプログラムを完了後、認証取得に向けたテストを再開する。

ボーイングとハミルトン・サンドストランドはこれまでに単体での検体テスト、他のシステムとの統合テスト、フライトシミュレーターによるテストなど、地上テストでシステムの検証作業を実施、暫定的アップデート版ソフトウェアのテストは今週初めに完了した。

ボーイングでは、フライトテストの中断期間も認証取得に向けた地上テストを継続しており、今後も量産用の機体を使用して地上テストを実施する。

同社では、787型機プログラム全体の新スケジュールは、今後のフライトテストの実施スケジュールが決定した段階で1月中に決定する。