山口県警は18日、飲酒検問から逃走し、その後の職務質問でアルコール検知を拒否したとして、46歳の中学校教諭の男を道路交通法違反(飲酒検知拒否)の現行犯で逮捕した。逮捕後の検知では酒気帯び相当量のアルコール分が検出されている。

山口県警・柳井署によると、逮捕された男は18日午前2時25分ごろ、柳井市南町付近の県道で酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転。飲酒運転の発覚を恐れ、同地で行われていた飲酒検問を回避するとともに、その後のアルコール検知を拒否した疑いがもたれている。

検問を行っていた同署員が、検問地点の手前約30mにある駐車場に逃げ込むクルマを発見。運転していた男に職務質問したところ、車内が酒臭いことに気づいた。このため、男に対してアルコール検知の実施を求めたが、「やる意味がない」などして数分間に渡って拒否。警察では逃走の恐れもあることから、道交法違反の現行犯で逮捕した。

逮捕されたのは平生町内に在住し、周防大島町内の中学校に教諭として勤務する46歳の男。逮捕後のアルコール検知では酒気帯び相当量のアルコール分を検出している。男は飲酒検知拒否が検挙対象とは知らなかったようだ。

調べに対しては「焼酎やハイボールを飲んだ」と供述。飲酒運転の事実も大筋で認めているという。