ヴィッツのチーフエンジニア 山本博文氏

22日に登場したトヨタの新型『ヴィッツ』は全販売量のうち欧州(車種名は『ヤリス』)が40%を占め、欧州市場でのシェアを左右する基幹モデルだ。山本博文チーフエンジニアによれば、日本のみならず欧州の顧客にも配慮した設計・開発を行ったという。

「欧州ではVW『ポロ』やプジョー『207』、フィアットの『グランデプント(プントエヴォ)』などがひしめく激戦区ですが、ヤリスはこれらライバルに対して、デザイン・走行性能の両面で負けない品質に仕上げました」とその自信を語る。

「欧州の消費者に対してデザイン評価を徹底的に行い、試作車を持ち込んでヨーロッパのあらゆる路面での走行テストを繰り返しました。ボディ剛性を向上しながら、ハイテン鋼の使用量増加によって20〜30kgの軽量化を実現したことも運動性能の向上に一役買っていると思います」(山本CE)。

このように欧州市場におけるプレゼンスについては自信を示すが、中国への導入は「まだ未定」とのこと。従来モデルは広汽トヨタの南沙工場で生産されていたが、新型はどうか。「中国のお客様は安くて大きい車を好む志向があり、コンパクトで価格が高めの従来モデルは苦戦しました。この新型が中国市場に投入するモデルとしてふさわしいかどうかを含めて検討している段階です」という。

中国をはじめとして南アジア・東南アジア圏では、エントリーモデルは現地設計開発とし廉価で居住性に優れたモデルを各社投入しており、トヨタとしても先日タイで『エティオス』を発表したばかり。日本設計のヴィッツがこのまま中国市場に導入されるかは微妙な状況だ。

ヴィッツ ジュエラ ヴィッツ ジュエラ ヴィッツ RS ヴィッツ ジュエラ ヴィッツ発表会