BMW「K1200R」など7車種 走行安定性損なうおそれ

ビー・エム・ダブリューは21日、オートバイ『K1200R』など7車種のリレーレバーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2004年10月11日〜2010年10月1日に製作された3605台。

リアサスペンション下部のリレーレバー取付部の腐食対策が不適切なため、取付部のブッシュに腐食が生じ、リレーレバーの動きが悪くなり、リレーレバーが折損して走行安定性を損なうおそれがある。

全車両、リレーレバーを対策品に交換するとともに、保護クリップを追加する。不具合発生件数は1件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。