ジヤトコは、中国のジヤトコ(広州)自動変速機がCVTの生産能力を2012年春をめどに年産73万台に増強すると発表した。

ジヤトコ広州は2009年9月から操業開始し、現在は中型FF車用のベルトCVTの生産しているほか、2011年4月からは最新型の軽・小型FF車用副変速機付CVTを生産する予定で、主に日産自動車の中国合弁工場に供給している。

今回、日産の中国合弁工場の増産に対応し、CVTの生産能力を2011年4月時点の年産38万台から、2012年春をめどに73万台へとほぼ倍増する。中国でも燃費が重視されており、低燃費化に貢献するCVTの需要が高まると判断した。

同時に、機械加工工程の強化や熱処理工程を追加し、生産の現地化を加速、市場品質課題や車両適用開発、部品国産化などにも、より迅速に対応できる体制を整備する。

今回の生産能力増強に伴う投資は約200億円(約16億元)で、拡張後の人員は2011年4月時点で予定している約700人の2倍の約1400人体制になる予定。