トヨタ プレスカンファレンス

トヨタ自動車は、12月20日に開幕した広州モーターショーに「環境と未来」をテーマに、2011年に中国市場に投入予定の新型車2車種を含む合計45台の市販車・参考出品車を出展した。

今回のモーターショーでは2011年に発売予定の新型車『E'Z』を出展した。中国初のFUV(ファッショナブル・ユーティリティ・ビークル)で、新世代のファッショナブルな多機能車として開発した。

また、中国で初の披露となる都市型2ドアスポーツクーペ『Zelas』も出展した。

市販車としては『カローラ』や、広州アジア大会のオフィシャルカーとして好評だった『カムリハイブリッド』などを出展した。

このほか、参考出品車としては、中国汽車技術研究中心(CATARC)と共同で実証実験を行う『プリウス・プラグインハイブリッド』や、近距離小型コミューターである電気自動車『FT-EV II』、高性能高級スポーツセダン『IS F』、小型FRスポーツカー『FT-86』などを展示した。

トヨタ プレスカンファレンス