三菱ふそうトラック・バスは12月20日、海外事業を強化するため、パキスタン市場に新規参入すると発表した。

パキスタンに同社の小型トラック『キャンター』、大型トラックの『スーパーグレート』の2車種を投入する。現地のマスターモーターにKD(ノックダウン)生産を委託、マスターのカラチを拠点とするネットワークを通じて販売する。

パキスタンは、インドネシアやトルコなどとともに、BRICsに次ぐ経済成長が予想される11か国「ネクスト11」の新興経済発展国の一つ。海外戦略を強化している三菱ふそうはすでに、11か国のうち、9か国に参入しており、これら高い成長が見込まれる新興市場攻略を強化する方針で、パキスタン市場への参入もこの一環。

同社のカイ・ウーヴェ・ザイデンフース海外営業本部長は「パキスタン市場および南アジア地域全体で、経済が発展する可能性は非常に大きい。高品質で効率の高い商品は、現地で予想される成長を強力にサポートできると確信している。今後もネクスト11も含めた潜在性の高い市場で地位を拡大する」としている。

同社は、2010年に海外市場で25の商品を19か国に投入、約150か国で販売をしている。