ニールセン・カンパニーは、「世界のモバイルと若者」に関する最新の白書を発表した。

調査結果によると、若者のうち16%が携帯電話を親が選んだと答えている。

調査したほとんどの国で、15〜24歳の若者が携帯電話を買う際、最も重視するのは「価格」を一番に挙げている。これはその他の年齢層でも同様の傾向が見られる。例外はロシアの若者で21%が「デザイン・スタイル」を一番に挙げている。

調査が行われた国の中で、イタリアが最もスマートフォン所持率が高く、15〜24歳の若者のうち、47%がスマートフォンを所有していた。25歳以上の成人は31%で、イタリアでは特に若者に普及している。さらに調査対象国のうち、欧州の若者のスマートフォン所持率は28%、成人では27%となっている。

米国では携帯電話利用者のうち28%がスマートフォンを所有している。米国の若者のスマートフォン所持率は全体に比べて5ポイント高い。

全ての国でスマートフォンの男女の所持率では男性が高い。米国は例外で15〜24歳のスマートフォン利用者のうち、55%が女性だった。米国全体のスマートフォン利用者では55%が男性という結果になった。