リーフ

ケイエスピー(KSP=かながわサイエンスパーク)は「EV(電気自動車)関連ビジネスを検証する」と題したシンポジウムを開催する。日時は1月19日10時から17時。場所は東京都千代田区、東京ステーションコンファレンス5階会議室。

電気自動車市場は、日本でも12月から日産自動車『リーフ』が本格的に販売開始を迎える一方、中国では数百という自動車会社が設立されるなど大きな市場になりつつある。

そこで、今回のシンポジウムでは、EVへの新規参入をテーマに、国内で起こっている状況、中国EV市場の最新情報をレポートする。また、すでにEV業界でビジネスを行っている成長企業の戦略を取り上げ、新規参入を果たすために、今何をすべきかを徹底討論する。

そのほか、全国の産業支援機関から推薦された「光る技術を持つ」中小ベンチャー企業26社のプレゼンテーションも行われ、ビジネスマッチングに役立てられるような企画になっている。

シンポジウムの主な内容は以下の通り。
●中小ベンチャー企業のプレゼンテーション(10時00分から)
1社5分×26社
●主催者挨拶、ビジネスアライアンス研究会成果報告(13時30分から)
●基調講演(14時00分から)
東京大学総長室アドバイザー 村沢義久氏
●パネルディスカッション(14時30分から)
コーディネータ:村沢義久氏
パネリスト:ゼロスポーツ社長 中島徳至氏、テラモーターズ社長 徳重徹氏、Mywayプラス社長 楊仲慶氏

定員は400人(申し込み先着順)で、参加費は無料。
申し込み URL
http://www.ksp.or.jp/k-forum/forum_marunouchi/presentation.html