IS350 Fスポーツ

260km/hまで刻まれた新しいスピードメーター(リミッターは180km/hで作動するとのこと)ほか、L字型LEDランプ、18インチタイヤなど、ルックスにも磨きをかけた新バージョンの『IS250 Fスポーツ』。

車両本体価格450万円のこのクルマの印象は“味わい深くコクがある”というものだった。

何といっても感銘を受けたのは、ブッシュ類まで専用チューンというサスペンションが、しなやかなままきわめてスポーティだという点。ステアリングも素直で意のままでいい。意のままといえばエンジンもそうで、アクセルワークに対し、どの場面でも常に期待値以上の性能と、聞き応えのあるエンジン音を室内に響かせてくれる。

これみよがしではないスタイルだから、フォーマルなセダンとしても当然ながら通用するし、上質な味わいの乗り心地は、同乗者にも喜ばれるだろう。走りにも実用にも適切なボディサイズで、スマートに全条件のレベルが高い、大人のセダンだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

IS250 Fスポーツ