マーチ

ケータイ燃費管理サイト『e燃費』に投稿された、最新の実燃費ランキングをチェック! 今回は14日に事業の協力拡大を発表した日産と三菱に注目だ。相互へのOEMだけでなく軽自動車の共同開発も行うという両社。「ウィン・ウィンの関係を拡大」するというが、実燃費対決ではどちらに軍配が上がる!?

日産、三菱の現行車種の中から、それぞれ燃費の良かった5台をピックアップした。同一車種が複数あった場合は、最も燃費の良かったグレード・モデルを参照している。ランキングトップ10は以下の通り。

1位:日産 マーチ(アイドルストップ非搭載)…14.9km/リットル
2位:日産 モコ…14.9km/リットル
3位:日産 オッティ…14.6km/リットル
4位:三菱 トッポ…14.5km/リットル
5位:三菱 コルト…14.5km/リットル
6位:三菱 eKワゴン…14.4km/リットル
7位:三菱 i …14.4km/リットル
8位:日産 ティーダ…14.2km/リットル
9位:日産 ノート…14.1km/リットル
10位:三菱 RVR…12.1km/リットル

ほぼ全てが14km/リットル代という僅差の勝負の中、『マーチ』が1位に輝き、実燃費対決では日産の勝利。1〜3位表彰台を独占した。

3位の日産『オッティ』は、6位の三菱『eKワゴン』のOEM。今回のデータでは本家を0.2km/リットル上回る数値となったが、これは性能の差ではなく運転状況による誤差と見て良いだろう。

三菱車の中で目を引くのが『RVR』。他と比較し車体の大きいSUVでありながら12.1m/リットルという数値は非常に優秀だと言える。

e燃費の車種別ランキング、リアルタイム投稿情報は『カーライフナビ』でチェックすることができる。

カーライフナビURL
http://carlifenavi.com/

モコ オッティ トッポ コルト eKワゴンとeKスポーツ i(アイ) ティーダ ノート RVR 日産カルロス・ゴーン社長と三菱益子修社長(14日の会見にて)