世界で最初のリーフ納車

日産の新型EV、『リーフ』の世界で最初のオーナーとなった米国人男性。この男性のリーフを運転してみての第一印象が、ネット上で公開されている。

この男性は、サンフランシスコ在住のオリバー・シャロウヒ氏(31歳)。ITベンチャー企業のCTO(チーフ・テクノロジー・オフィサー)を務める人物だ。11日、同氏にリーフの第1号車が引き渡された。

オリバー・シャロウヒ氏は早速、リーフを日常の足として活用。その第一印象を16日、米国の日産リーフファンサイト、『MyNissanLeaf.com』で明らかにした。

「リーフは妻のホンダ『フィット』よりも快適だね」というのが同氏の第一印象。「フィットより加速もいいし、静粛性も高い」と、リーフに高い評価を与えた。実際の加速フィールに関しては、「0-40マイル/h(0-64km/h)の加速が優秀。発進時には、他車を置き去りにできるほどだ」と語る。

EVで気になる航続距離に関して、同氏は、「高速道路を75マイル/h(120km/h)プラスで、エアコンオンで巡航するなら、50〜60マイル(80〜96km)より多くは望めない。65マイル/h(105km/h)前後で走行するのが、いいんじゃないかな」と話している。

量産メーカーが発売した世界で最初のEV、日産リーフ。最初のオーナーのコメントを聞く限り、大きな不満はなさそうだ。