本田技研工業は16日、ホンダ『フィット』の前照灯の電気配線に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2001年11月2日〜07年10月5日に製作された73万4392台。

前照灯操作スイッチに接続する電気配線の配索長さに余裕が少ないため、配索作業で配線を張りすぎ、前照灯の切り替えスイッチを操作した際にロービームが不灯となるおそれがある。

全車両、ロービーム端子のみ長い配線に交換し、結束バンドで固定する。なお、接続カプラーが溶損しているものは、前照灯操作スイッチとカプラーを新品に交換する。

不具合発生件数は130件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。