イメージ

13日午前6時55分ごろ、高知県高知市内の国道33号を走行していた乗用車が、前走する原付バイクに追突した後、道路脇の商店に突っ込む事故が起きた。警察はクルマを運転していた26歳の男を飲酒運転の現行犯で逮捕している。

高知県警・高知署によると、バイクは前方の交差点で右折しようと減速を開始したが、これに気づくことが遅れた後続の乗用車が追突。クルマはバイクを弾き飛ばし、そのまま交差点に隣接する自転車店兼住宅の建物に突っ込んだ。

この事故でバイクを運転していた24歳の男性が打撲などの軽傷。自転車店の1階部分が小破したが、2階部分にいた住人にケガはなかった。

クルマを運転していた同市内に在住する26歳の男からは酒気帯び相当利用のアルコール分を検出したことから、警察は自動車運転過失傷害と道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕している。

現場は高知市旭町2丁目付近。道路中央に路面電車の停留所があるため、車道は狭くなっているという。調べに対して男は「晩酌の酒が残っていたようだ」などと供述。前夜に酒を飲んだことを大筋で認めている。