1シリーズ

BMWグループは15日、『1シリーズクーペ』と『1シリーズコンバーチブル』(日本名:『1シリーズカブリオレ』)の2011年モデルを発表した。

2011年モデルは、内外装をリフレッシュ。外観は、ヘッドライトとテールランプのデザインを小変更し、LEDを新採用。フロントバンパーも新形状となり、「エアカーテン」と呼ぶ技術が導入された。

エアカーテンは、『1シリーズMクーペ』に初採用されたもの。BMWによると、フロントのホイールアーチ周辺の整流効果を高め、エアロダイナミクス性能を引き上げる効果を発揮するという。

インテリアは、シート地やドアトリムを変更するアップデートを実施。新デザインのレザー製スポーツステアリングホイールも用意された。

ガソリンエンジンのトップグレード、「135i」は最新世代のN55型直噴3.0リットル直列6気筒シングルターボ(ツインスクロールタイプ)を新搭載。最大出力300ps、最大トルク41.5kgmを引き出し、0-96km/h加速は5.1秒の実力だ。

2011年モデルの1シリーズクーペ&カブリオレは2011年春、欧米での販売がスタートする予定。BMWは、1シリーズMクーペをイメージリーダーに据え、シリーズ全体の販売底上げを狙う。

1シリーズ 1シリーズ 1シリーズ 1シリーズ 1シリーズ 1シリーズ 1シリーズ 1シリーズ 1シリーズ 1シリーズ