電動バイク EV-neo と伊東孝紳社長(左から2番目)

ホンダは16日発表した電動2輪車『EV-neo』のリース価格が、普通充電器をセットした標準的なプランで月額1万8997円(リース期間3年)になると明らかにした。

EV-neoは、2011年4月から国内の企業や個人ユーザー向けに、3年リースのみの販売を始める。初年度は1000台の販売を計画している。車両本体の価格は45万4650円と45万9900円の2タイプがある。

充電器は100Vの普通充電と200Vの急速充電を販売する。普通充電器はシートの下に収納して持ち運びできる。標準的なリース費用には税金や保険および一定のメンテナンスなどを含む。

来年のリース販売に先立ち、今月からは企業などによる100台の有償モニタリングも開始する。会見した伊東孝紳社長は「業務の現場で利用していただきながら、お客様の声を改良に反映していきたい」と述べた。

電動バイク EV-neo の試乗風景 EV-neoと充電器 EV-neoを協力企業へ納車