ビジネス向け電動バイクの EV-neo

ホンダは、電動二輪車『EV-neo』を12月24日からリース販売開始すると発表した。価格は45万4650円からで、年間1000台の販売を計画している。

EV-neoは、重量物の運搬や配達業務などのビジネス用途向けに開発した電動バイクで、クリーン、静粛性、力強さを両立した。

2010年12月から2011年3月にかけて、複数の協力企業によるモニタリングで100台の走行データを収集する。一般の企業や個人事業主に対するリース販売は、2011年4月からの予定。

モニタリングを通しビジネス利用で取得した各種データは、10月から実施している10台の試作車によるテスト運用のデータとあわせ、今後の電動二輪車の開発に活用する。

EV-neoは、自社製のモーターとリチウムイオン電池を採用、走行時のCO2排出量はゼロで、低回転からトルクのあるモーターの特性を活かし、荷物積載時でも力強い発進性能と登坂性能を発揮する。業務の合間に充電が完了できるよう約30分でフル充電が可能な新開発の専用急速充電器との組み合わせで、様々なビジネスの現場で幅広く使える電動二輪車として開発した。

車体は、荷物を積みやすい広くフラットなリアデッキや、乗り降りしやすいフラットなフロアなど、配達業務などでの使い勝手に配慮した。

EV-neoをベースに、新聞配達に便利な大型リアキャリアと、フロントバスケットを装着、便利なブラケットを標準装備した「EV-neo PRO」も同時に販売する。

オプションの急速充電器は11万9700円。

EV-neo PRO