ルカ・バドエル

フェラーリのテストドライバーを実に13年の長きに渡り務めてきたルカ・バドエルがマラネロに別れを告げることが決まった。

1998年にイタリア人ドライバーとして期待を受けてフェラーリ入りしたバドエル。しかし、翌99年にミナルディにレンタルされ実戦に出場した以外、長らくフェラーリからのグランプリ出場機会に恵まれず、テストドライバーを務めていた。

昨年負傷したフェリペ・マッサの代役としてようやくヨーロッパGPとベルギーGPに出場したが、期待に沿う結果を残すことができず、ジャンカルロ・フィジケラにシートを譲った。さらに近年のF1テスト制限によって、ほとんどのテストドライバーにはF1マシンをドライビングする機会はまったく与えられなくなっていた。

「ルカ(バドエル)はわれわれの成功における重要な要素だった。(テストドライバーは)決して脚光を浴びる仕事ではなかったかもしれないが、彼が積み重ねてくれた何千kmにも及ぶ走行距離とそのアイデアは極めて重要だった。彼の貢献に心から感謝している」と、ルカ・ディ・モンテゼモーロ社長はコメントしている。