横浜ゴムは15日、国内市販用のトラック・バス用タイヤのメーカー出荷価格を値上げすると発表した。

タイヤの主要原材料である天然ゴム相場は、依然として過去最高水準に高騰しており、その他原材料も高い水準で推移している。同社では生産性向上やコスト削減などの内部改善を続けてきたものの、企業努力だけでこれを吸収することは困難と判断、値上げに踏み切る。

値上げは2011年3月1日からで、値上げ率は平均7.0%。

すでにブリヂストン、住友ゴム、東洋ゴムも値上げを発表しており、国内タイヤ大手4社が足並み揃えて値上げする。