昭和シェル石油は、次世代型のサービスステーション(SS)「クリーンeco新屋敷」を岡山県岡山市北区に12月17日にオープンする。

次世代型SSは、同社ビジネスの2本柱である石油事業と太陽電池事業を調和、次世代エネルギーソリューションを提供するという点で、同社の方向性を示すモデルとしている。

クリーンeco新屋敷では、昭和シェル子会社であるソーラーフロンティアが製造するCIS薄膜太陽電池約50枚をSS内のセールスルームの屋根上に設置する。出力は約4キロワットで、発電された電力はSSで使用する電力の一部に使う。将来的には電気自動車用の急速充電器への電力の供給なども検討する。

また、昭和シェルの厚木リサーチセンターで開発中の「光透過型CIS薄膜太陽電池」を、電気自動車用の急速充電器の屋根上に設置して発電性能などの実証実験を実施すると同時に、今後の商品開発の方向性を模索する。光透過型のCIS薄膜太陽電池を発電用として設置するのは日本で初めて。

SSでは、貯水タンクを設置するとともに、太陽光発電と蓄電池を組み合わせた自家発電設備を確保、災害時にも石油製品の供給を安定的に継続し、地域社会に貢献する。

さらに、電気自動車用の急速充電器を設置し、充電サービスを提供する。このほか、SS屋外照明には省エネルギー型LED照明を導入し電気使用量を減らすことで、CO2排出量を削減する。