ホンダCR-Z

日本ファッション協会(流行色情報センター、馬場彰理事長)は15日、東京・代々木の文化女子大学のキャンパス内で、自動車のカラーデザインを表彰する「オートカラーアウォード2011」の最終審査・発表会を開催した。

審査の結果、今回はホンダ『CR-Z』の「ホライゾンターコイズパール(外装)/ブラック×シルバー(内装)」が「グランプリ」に輝いた。

また、時代の価値観観やデザイン界への影響力のある優れたカラーデザインに与える「ファッションカラー賞」には、日産自動車『マーチ』の「スプリンググリーン(外装)/ブラック×アイボリー(内装)」が選ばれた。

このほか、女子大生20人が選ぶ「文化女子大学セレクション」には、日産自動車『GT-Rエゴイスト』の「アルティメイトオパールホワイト(外装)/レッド×サクラ(内装)」が受賞。同GT-Rは企画部門賞にも選ばれており、ダブル受賞。

「いい車は色が美しい」をスローガンにカラーアウォードは今回で13回目となるが、第一次審査では25台の中から15台が決定。その中から最終審査でグランプリなどを選出した。

ホンダCR-Z ホンダCR-Z 日産マーチ 日産マーチ 日産GT-R 各賞受賞者 審査会風景