新興市場向け小型セダンのエティオス

トヨタ自動車は15日、インド市場向けに開発した小型セダン『エティオス』の受注が今月1日の発表から2週間で1万2000台になったと明らかにした。

エティオスは新興市場向け低価格モデルの第1弾となるもので、排気量は1.5リットル。品質や耐久性、コストを重視して開発し、現地価格は円換算で約90万円から約120万円に抑えた。

生産は同社のインド第2工場で20日に開始する。来春発売予定のハッチバック車『エティオス・リーバ』(1.2リットル)と合わせ、年間7万台の販売を計画している。

インド市場でのエントリーユーザーや、50万円前後の廉価小型車からの上級移行ユーザーを狙いに投入する。開発を担当した「トヨタ第2開発センター」の則武義典チーフエンジニアは「販売店に実車がない段階で、予想を上回る好調な受注をいただいている」と評価した。

トヨタはエティオス発売に備え、インドでの販売網拡充も進めており、今年初めには全土で約100店だったのを年末までに150店舗とし、101都市をカバーする。

新興市場向け小型セダンのエティオス