中国向けG-BOOKで渋滞状況を確認できるようになる(写真は北京モーターショー)

トヨタ自動車は、中国国内で初となる道路の渋滞状況をナビゲーションのモニターに図形で表示する道路交通情報サービスを2011年春からG-BOOK対応ナビ搭載車向けに提供開始する。

中国は急速な自動車市場の進展で、都市部を中心に渋滞の発生が増加している。今回、目的地までの最適なルートを選択する一助にするため、サービスの事業化を決めた。

サービス開始に先立ち、今年開催された上海万博期間中、上海交通局の協力のもと、一部のレクサス車向けに実験的にサービスを提供したところ、利用者からの高い評価を得ている。

具体的には、トヨタのテレマティクスサービスであるG-BOOKの技術をベースに北京世紀高通科技と共同開発したもので、路側に設置された車両検知器から車両の通行量や、タクシーに設置した無線機により位置や速度などのプローブ情報を収集することで、高速道路や主要幹線道路の渋滞状況を把握、データから都市高速や、都市内主要地点での渋滞状況を図形化し、分かりやすくドライバーに提供するもの。

サービスの利用が可能な車両は、レクサス全車とトヨタの『クラウン』、『カムリ』のG-BOOK対応ナビ搭載モデル。上海市、北京市で2011年春から提供を開始し、その後、夏ごろに広州市、深セン市に拡大していく計画だ。

中国向けG-BOOKで渋滞状況を確認できるようになる(写真は北京モーターショー) レクサス LS600hL(北京モーターショー10) レクサス ES350(北京モーターショー10) カムリハイブリッド(北京モーターショー10)