12日午後7時ごろ、兵庫県西宮市内の国道43号で、道路左側の路肩に駐車されていた軽ワゴン車が発進しようとしたところ、左後方に立っていた5歳の男児をはねた。男児は死亡。警察は男児の父親で、クルマを運転していた25歳の男性から事情を聞いている。

兵庫県警・西宮署によると、クルマは西宮市宮前町付近にあるコンビニエンスストア前の路上に停車していたが、発進した直後に左後部に立っていたとみられる5歳の男児がひきずられて転倒。そのまま後輪ではねられた。

男児は頭部を強打。近くの病院に収容されたが、約1時間30分後に死亡した。警察は男児の父親で、クルマを運転していた加古川市内に在住する25歳の男性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

クルマには運転していた男性のほか、助手席に男児の母親にあたる30歳の女性。後部座席には姉にあたる9歳の女児が乗車していた。男児はトイレに寄ることを姉に告げていたが、それを知らない父親は後部のスライドドアが閉まったことで「全員乗り込んだ」と誤認。実際には男児が乗り込んでいないにもかかわらず、クルマを発進させた。

男児は速度を上げるクルマに慌てて走り寄ったが、何らかの原因で転倒。そのままはねられたとみられている。調べに対して男性は「乗っていないことにも、走り寄ってきたことにも気がつかなかった」などと話しているようだ。