電気自動車UP!をベースとしたタクシーコンセプト

フォルクスワーゲンは14日、英国ロンドンで『タクシーコンセプト』を初公開した。

同社は今年4月、イタリアで『ミラノタクシー』を披露しているが、今回のタクシーコンセプトは、そのロンドンバージョン。現在開発中のシティコンパクト、『UP!』の車台がベースと公表された点が注目できる。

このタクシーコンセプト、パワートレインはEV。モーターは最大出力115psを引き出す。最高速は120km/h、最大航続距離は300km。航続距離は日産『リーフ』の200kmと比較して長いが、これはタクシーコンセプトが、蓄電容量45kWhという大容量リチウムイオンバッテリーを積むおかげだ。充電は80%レベルなら、約1時間で完了するという。

タクシーコンセプトは、小型ボディに広い室内空間を持つのが特徴。ボディサイズは、全長3730×全幅1680×全高1600mm。MINIのハッチバック(全長3700×全幅1685×全高1430mm)に対して、全長はわずか30mm長いだけだ。

にもかかわらず、ロングホイールベースの採用と前後オーバーハングの切り詰めにより、大人2名の乗客とその荷物を余裕で積載できる室内空間を実現した。このパッケージこそ、2011年に登場する新型シティコンパクト、UP!の真骨頂といえそうだ。

電気自動車UP!をベースとしたタクシーコンセプト 電気自動車UP!をベースとしたタクシーコンセプト 電気自動車UP!をベースとしたタクシーコンセプト 電気自動車UP!をベースとしたタクシーコンセプト 電気自動車UP!をベースとしたタクシーコンセプト 電気自動車UP!をベースとしたタクシーコンセプト