歩行者保護システム概要

TRWオートモーティブ・ホールディングスは、歩行者の安全確保に向け、高度な歩行者保護システムを開発、欧州の自動車メーカーと生産を開始した。

新開発の歩行者保護システムは、フロントバンパー部分に装備された最大3個のリモート加速度センサー(RAS)を活用する。これらの加速度センサーは、データ分析が行われる電子制御ユニット(ECU)へ継続的に加速度信号を伝送しており、車両衝突時には車両が人体に衝突したか、または人体以外の物体に衝突したのかを判断する。

人体への衝突であると判断した場合、ボンネットリフター機能を作動させ、ボンネットとその下にあるエンジン部分との間に空間を確保、人体への損傷を軽減する。

センサーパッケージは柔軟性があり、幅広い車両アプリケーションに対応できる。業界で広く利用されている通信プロトコルに基づいたインターフェースは構築されている。高い互換性と信頼性、さらに同社が特許を持つ歩行者衝突検出アルゴリズムを採用している。