三井不動産販売は、名古屋圏で初となる「三井のリパーク」時間貸自転車駐輪場を名古屋市営地下鉄名城線・黒川駅前に12月15日に開設すると発表した。

同社が時間貸自転車駐輪場を設置するのは首都圏以外で初めて。名古屋市は平坦な地形で坂道が少ないため、日常的な交通手段として自転車が多く利用される。一方で、内閣府が隔年で調査している「駅周辺における放置自転車等の実態調査の集計結果」によると、名古屋市は「放置自転車数の多い市区町村」で1989年以降、毎回上位にランキングされており、駐輪場需要に対し供給が追いついていない。

黒川駅に新設する時間貸自転車駐輪場は、黒川駅から徒歩1分に位置し、駐輪台数が115台。24時間無人コイン駐輪場で、利用料金は24時間ごとに100円。

同社は2003年から三井のリパーク時間貸自転車駐輪場事業を首都圏エリアで展開、現在80事業地、約1万4500台を管理している。今後も時間貸自転車駐輪場事業を拡大していく方針で、放置自転車を減らすことに貢献していく。