新型「ムーブ」発表会

ダイハツ工業の神尾克幸副社長は13日、新型軽自動車『ムーヴ』の発表会で、「3月までに5万台の受注を目指す」と述べた。

そのために、まず年初から大きなイベントを行っていくそうだ。「リッター27kmの燃費、エコアイドル、35kgを軽量化した走りを一人でも多くの人に体感してもらいたいということで、かつてない大試乗会をやっていく」と神尾副社長。そうして、少し減ってきた来店客を増やそうというわけだ。

また、ダイハツ車保有客の掘り起こしにも力を入れていく。ダイハツは今年10月〜12月にかけて、9年以上保有しているユーザーのリストアップを行った。その数は140万人。「これらのお客様にぜひ買っていただこうと考えている」と神尾副社長は話し、しらみつぶしにアプローチをしていく方針だ。