ヤマト・インダストリーは、連結子会社である香港大和工貿の子会社として中国本土に現地法人を設立すると発表した。

香港大和工貿は、中国広東省深セン市宝安区にある深セン宝安区黄埔大和注塑制品廠で合成樹脂の金型製作や射出成形品などの生産を委託していた。今回、中国政府の加工貿易政策の変更による独資方式への切替指導に対応するため、中国に現地法人を設立する。

新会社は「大和高精密工業(深セン)」で資本金5000万香港ドルで来年1月に設立する。稼働開始は2011年4月の予定。

今後は新会社が深セン宝安区黄埔大和注塑製品廠から従業員、設備を継承する形で生産業務を展開する。