パイロット

米国で新車購入時に、従来と同じブランドを選ぶ割合は、ホンダとフォードがトップ。こんなデータが明らかになった。

これは米国に本拠を置くJDパワー&アソシエイツ社が、9日に公表した「2010顧客防衛率調査」から明らかになったもの。同調査は今年で8回目。2010年モデルの新車を今年2‐5月に購入した顧客を対象に、8‐10月に調査を行い、12万3600人から回答を得た。

顧客が従来と同ブランドを選んだ割合が高いブランドのランキングは以下の通り。

ブランド名:リピート率
1. フォード/ホンダ:62%
2. ヒュンダイ/レクサス/トヨタ:60%
3. メルセデスベンツ:59%
4. キア:58%
5. スバル:57%
6. 日産:54%
7. BMW:53%
8. シボレー:52%
9. アウディ:46%
10. リンカーン/ラム:45%
11. キャデラック:44%
12. アキュラ/GMC:43%
13. ランドローバー/VW:41%
14. ポルシェ:39%
15. マツダ:37%
16. インフィニティ/MINI:35%
17. ジープ:34%
18. ボルボ:32%
19. スズキ:31%
20. マーキュリー:28%
21. ビュイック/三菱:27%
22. サイオン:25%
23. クライスラー:24%
24. ダッジ:22%
25. ジャガー:16%
26. サーブ:4%
※平均は48%なので、8位のシボレーから上位が平均を上回るリピート率。

1位のフォードとホンダは、6割を超えるリピート率を確保。とくにフォードは『エッジ』、『Fシリーズ』、『フュージョン』が、ホンダは『アコード』(日本名:『インスパイア』、『CR-V』、『パイロット』が、リピート率が高かった。フォードは運転する楽しさやスタイリング、ホンダはリセールバリューや安全性を評価する顧客が目立つという。

韓国勢の躍進も注目に値する。2位のヒュンダイはレクサス/トヨタの両ブランドとタイ。4位のキアは前回調査よりも21ポイントもリピート率を高め、58%を達成した。

JDパワーは、「リセールバリューの高さよりも、運転して楽しい車であることを重視する顧客が増えてきた」と、最近の傾向を分析している。

アコード CR−V フュージョン Fシリーズ エッジ