1シリーズ Mクーペ

BMWが10日に発表した『1シリーズクーペ』の最強グレード、「1シリーズMクーペ」。オフィシャル写真から分かることは、BMWが1シリーズMクーペを、1985年に登場した初代『M3』(E30型)の再来と位置づけている点だろう。

初代M3は、当時のグループAレースのホモロゲーションモデルとして誕生。2.3リットル直列4気筒ガソリンエンジンは、『M1』用の3.5リットル直列6気筒エンジンがベースとなっており、最大出力215ps、最大トルク23kgmを発生。5速MTを介して1285kgの軽量ボディを、240km/hまで加速させた。この初代M3は、グループAなどのモータースポーツシーンで大活躍を収めるのである。

しかしその後、M3は時代の要請に見合うよう、モデルチェンジの度にボディを大型化し、エンジン排気量も拡大。現行型は4.0リットルV型8気筒エンジンを搭載している。

一方、新登場の1シリーズMクーペは、直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンツインターボ(最大出力340ps、最大トルク45.9kgm)を搭載。ボディサイズは、全長4380×全幅1803×全高1420mmと、初代M3(全長4360×全幅1675×全高1370mm)に匹敵するコンパクトさだ。

初代M3とのツーショット写真からは、1シリーズMクーペが、まさに初代M3の再来を思わせるかのよう。その他のディティールを含めて、1シリーズMクーペのオフィシャル写真をまとめて紹介する。

1シリーズ Mクーペ 1シリーズ Mクーペ 1シリーズ Mクーペ 1シリーズ Mクーペ 1シリーズ Mクーペ 1シリーズ Mクーペ 1シリーズ Mクーペ 1シリーズ Mクーペ 1シリーズ Mクーペ 1シリーズ Mクーペ 1シリーズ Mクーペ 1シリーズ Mクーペ 1シリーズ Mクーペ 1シリーズ Mクーペ 1シリーズ Mクーペ 1シリーズ Mクーペ 1シリーズ Mクーペ