フィットHV

ホンダが低コストのハイブリッドシステムというIMA方式のメリットを生かし、『フィット』にハイブリッド車を設定した。それもスタート価格が159万円からという値ごろ感のある最安価格での発売だ。

クルマに乗り込んでイグニッションを回すとエンジンがかかってアイドリングが始まる。プリウスなどと違ってIMA方式は基本的にエンジンがかかった状態でなり、モーターがアシストする仕組みだ。

走り出してからも普通のクルマと変わらない感覚で運転できる。アクセルの踏み込みに対応して滑らかにモーターがアシストするので、モーターが働いているかどうかはエネルギーモニターを見ないと分からない。それくらいに自然なフィールだ。

追い越し加速を得ようとアクセルを強く踏み込んでも、瞬間的に加速が立ち上がるのではなくスムーズに力が加わってくる感じなのだ。とても上質な加速フィールといえる。

定速走行中に少しずつアクセルペダルを緩めていくと気筒休止モードになりEV走行に入る。IMA方式のハイブリッドではスイッチなどで積極的にEVモードを選ぶことはできないが、上手に走らせることでEV走行に持ち込むことができるのだ。

このときインパネ内にはEV走行であることがとても小さく表示される。これも注意して見ないと分からないくらいだ。アクセルペダルから完全に足を離してしまうと、燃料カットの空走状態からエネルギー回生に入るのでEV走行はできない。アクセルを少しだけ踏むのがEV走行のコツだ。

ハイブリッド車は、エンジン回転が抑えられるだけでなく、遮音対策などもなされているので、標準のガソリン車に比べるとずっと静かな走りが得られる。

ベース車に対して30万円高い価格設定だが、装備の中身を計算し、エコカー減税なども考慮に入れると、ハイブリッドの割高感はほんの数万円程度でしかない。買いのモデルといって良い。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

松下宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

フィットHV フィットHV フィットHV フィットHV フィットHV フィットHV フィットHV フィットHV フィットHV フィットHV フィットHV