8日午前1時35分ごろ、愛知県名古屋市北区内の市道で、トラックの助手席側にしがみついていた44歳の男性が振り落とされて路上に転倒したところ、進行してきたタクシーにはねられる事故が起きた。男性は収容先の病院で死亡している。

愛知県警・北署によると、死亡したのは同区内に在住する44歳の男性。目撃者の証言によると、男性は信号待ちをしていたトラックに近づき、助手席側のドアを叩きながら怒鳴りつけていたという。

男性が助手席ドアにしがみついていたが、トラックはそのまま西に向けて発進。男性はすぐに振り落とされて交差点中央付近に転倒したが、交差道路を北進してきたタクシーにはねられ、さらに数メートルひきずられた。目撃者が119番通報し、男性は近くの病院に収容されたが、頭部強打が原因でまもなく死亡している。

トラックとタクシーは現場から逃走。警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始したが、タクシーを運転していた60歳代の男性はその後に現場へ戻ってきた。トラックは目撃証言から車両を特定。運転していた一宮市内に在住する50歳の男を傷害致死容疑で逮捕している。

現場は名古屋市北区平安通1丁目付近。調べに対してトラックの運転手は「いきなり怒鳴られた。(死亡した男性が)ドアを開けて乗り込んでこようとしたので、慌てて逃げ出した」などと供述。タクシーの運転手は「何かを踏んだような衝撃を感じたが、客を乗せていたのでそのまま進行した」と供述しているようだ。

警察では死亡した男性と、トラックを運転していた男の間で通行を巡るトラブルが発生していた可能性も考えられるとして、事故発生の経緯を詳しく調べている。