MiTo クアドリフォリオ・ヴェルデ

外観からして、通常の『MiTo』と少し違うムードを漂わす。チタニウムグレー色に専用塗装された18インチホイールや赤い前後ブレーキキャリパー、リングと内側がチタン色の専用ヘッドランプ等が、外観全体をシャープに引き締めているからだ。

登場以来思い留まっていた大人のユーザーなら、いやいよ“誰かに背中を押された気持ち”になるのでは? 走らせると、マルチエア・ターボ付きエンジンが実に逞しいのを実感する。

目下シリーズ最強の動力性能はダテではない。が、それ以上に印象的なのは、通常のミトより乗り味がしなやかだという点。可変ダンピング機能付きサスペンションの効力で、通常時、ワインディングなど、シーンごとに“足”の設定を切り替えて選べ、これは実に魅力的。

総じて、スポーティでありながらしっとりとした安定感が保たれる。アイドリングストップを備える点も現代的だし、Frau社製レザーシートの風合い、デザインも申し分なしだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年より『GOLD CARトップ・ニューカー速報』の取材/執筆を皮切りにフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

MiTo クアドリフォリオ・ヴェルデ マルチエア 1.4リットルターボエンジン マルチエア 1.4リットルターボエンジン