(参考画像)2010年のデトロイトモーターショーに出展されたモデル

サムスンSDIとボッシュの合弁会社であるSBリモーティブは、2012年に北米市場へ導入されるフィアットの電気自動車『500EV』向けに、リチウムイオン電池パックを供給すると発表した。

クライスラー・フィアット連合が発表したフィアット500EVのパワートレインは、高出力の電気パワートレインモジュール、リチウムイオン電池、パワーフローを制御するEVコントロールユニットの3つのメインシステムで構成する。

電池パックはミシガン州オリオンで開発、電池用セルは韓国で製造され、オハイオ州スプリングボロで電池パックに組み立てる。

パワートレインのエンジニアリングと車両の開発はミシガン州オーバーンヒルズにあるクライスラー・グループ本社で行われる予定。価格や車両の詳細についてはフィアット500EVの発売が近づいた時点で公表するとしている。

(参考画像)2010年のデトロイトモーターショーに出展されたモデル (参考画像)2010年のデトロイトモーターショーに出展されたモデル (参考画像)2010年のデトロイトモーターショーに出展されたモデル