JR東日本は、年末年始の指定席予約状況を発表した。

12月28日から2011年1月5日までの9日間の指定席予約席数は、12月9日現在、新幹線が64万席、前年同期比6%増となった。新幹線で青森の延伸で予約は順調。また、在来線を含めた全体では84万席で同3%増となっている。

予約可能席数は新幹線が同4%減の181万席、在来線が同2%減の113万席で合計は同3%減の294万席。

下り列車は12月30日に約9万6000席が予約されており、午前に発車する「はやて号」「こまち号」「つばさ号」は満席が多い。午後に発車する列車や他の日には、まだ余裕がある。

上り列車は1月3日に約10万2000席の予約が入っている。午後に発車する「はやて号」「こまち号」「つばさ号」は満席が多い。