2010年の年間検索ランキング

Googleは10日、検索サイト『Google』の2010年の年間検索ランキングを発表した。それによると、総合ランキングトップは『YouTube』、2位『Yahoo』、3位『Facebook』、とウェブサービスの名称が続いた。

急上昇ワードランキングでは、今年登場したモバイル製品の『iPad』が1位、『Xperia』が2位となり、そのほか、ドラマ『ゲゲゲの女房』が4位に、そして下半期から人気が急上昇した韓国のガールズグループ2組がトップ10入りした。

2010年のニューストップ10では、「ワールドカップ」などのスポーツイベントのほか、日本に帰還した「はやぶさ」、来年の完成予定の「スカイツリー」など、今年の関心事が色濃く反映された。

急上昇人物のリストでは、AKB48のメンバーが数多くランクインしたほか、活躍したスポーツ選手の名前も上位に入った。企業名ランキングの中で唯一の家電量販店である「ヤマダ電機」がランクインした。

Googleのウェブサイトでは、このほかにも、映画部門、テクノロジー部門、レシピ検索機能で検索された人気の材料や料理のランキング、全国地域別のランキングなど、2010年を振り返ることのできるデータが用意されている。

●2010年総合ランキング
1. YouTube
2. Yahoo
3. Facebook
4. mixi
5. Hotmail
6. Amazon
7. 楽天
8. Twitter
9. MSN
10. Gmail

●急上昇ワードランキング
1. iPad
2. Xperia
3. 楽天銀行
4. ゲゲゲの女房
5. AKB48 総選挙
6. Justin Bieber
7. ニコニコ静画
8. 少女時代
9. KARA
10. ハートキャッチプリキュア

●2010年のニュース
1. ワールドカップ
2. はやぶさ
3. スカイツリー
4. エコポイント
5. 茨城空港
6. フィギュアスケート
7. 羽田空港
8. 甲子園
9. スマートフォン
10. バンクーバーオリンピック

●急上昇 - 人物
1. 岡村隆史
2. 板野友美
3. 大島優子
4. 高橋大輔
5. 本田圭佑
6. 前田敦子
7. 仲里依紗
8. マツコ・デラックス
9. 篠田麻里子
10. 西野カナ

●総合 - 企業
1. ANA
2. JAL
3. au
4. ユニクロ
5. DELL
6. ヤマダ電機
7. ソフトバンク
8. マクドナルド
9. アップル
10. JR

2010年の年間検索ランキング 2010年の年間検索ランキング 2010年の年間検索ランキング 2010年の年間検索ランキング